FC2ブログ

New のりQダンスブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆JPBDAに後輩の先生が移籍してきました。

東京時代の後輩の先生が、
私たちのJPBDAに移籍して来て、
先日の大阪で開催された「スーパーダンスフェスティバル」で
初出場いたしました。

彼は、JDCからJCF、
そしてJPBDAに移籍してきました。
JDC時代から全日本でも優秀な選手で
我々としても大歓迎です。

その彼は、現在イタリアを主体にレッスンを受けており、
世界のダンス情勢をみてWDC系統のjDC、JCFから
将来性を考えてWDSF系統である我がJPBDAに移籍してきたそうです。

世界のダンス界の流れは、WDSF系に傾きつつある。

その雰囲気がひしひしと感じています。

352.gif353.gif

彼は、当時私が勤めてた教室へ新人で入ってきたときから、
周りに振り回される事なく冷静に物事を判断するタイプでした。
そしてトッププロに駆け上がりました。

その彼が私たちのJPBDAを選んでくれた事は、
私もJPBDAの将来に明るさを感じてきています。

東京では、プロ選手、アマチュア選手はじめ
より良い環境、よりよい成績を求めて教室を変わったり
団体を変わるのは普通の事で、その為に習いに来る選手へ
より良い成績を取る為に教える教師も何時も必死でレッスンしています。

それが互いに刺激しあってレベルを上げているものと考えます。

名古屋に帰って10年近くなりましたが、
名古屋の生徒さん選手はとても義理堅く真面目。

でもちょっと競技選手は甘いかな?と感じる事が多々あります。

まぁ、価値観は人様々、楽しんで競技をするなら良いですが、
更に上を目指すなら思い切った行動も必要かと思います。

たった一度の人生、
後悔のない様にしたいですからね。

ということで・・・

今年最後11月30日に津島市で開催されるJPBDA愛知ダンススポーツ大会には、
最近非常に友好的にさせて頂いている新しいダンス団体New-JDC。

その東部総局からゲスト審査員を招く事が決まりました。

私たちのJPBDA中部は、東部総局を中心に毎回各地から審査員をお招きして
常に新鮮な目で競技会を審査をするように心がけています。
今回は、新しく出来た、New-JDCから初の審査員の招待です。
他団体からの審査員の招聘は初の試み。

その先生は私の現役時代に共に戦った仲間で
とても優秀な先生で今からどんな
審査をして頂けるか楽しみにしています。

厳しい目で審査されるでしょう。

更に出場選手の皆さんの励みにもなればと考えています。

※今日の動画は、WDSF2013ジャーマンオープン ジュビナェルⅡ決勝
かわいい子供たちのダンス、、、とても素晴らしく上手い!!感激で泣ける!!

2013 German Open | Juvenile II Latin Final

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。